オメガ3の割合を増やすためには?良い油・悪い油

 

 

人間の身体にとってオメガ3とオメガ6が1:3、1:4の割合が非常に良いとされています。ただ普段の生活をしているとオメガ6を取りすぎるので極力オメガ3を取りましょう、ということで例えば亜麻仁油や胡麻油、あるいはウドズオイルをおすすめすることが多いです。
ただ、あまり気にしすぎてオメガ3含有のサプリを摂るぐらいならむしろ普通に油を摂ったほうが良いのではないかという提案をしています。
かわりに避けたい油、まずサラダ油、次にキャノーラ油、根油です。そういったものを避けてとにかく加工品、あるいは揚げ物を避ける事でオメガ3、オメガ9の割合的なものが増えてきますので是非お試しください。

オメガ6はアレルギーやアトピーの原因に!積極的にオメガ3を摂取しよう

 

 

オメガ3は現代人に非常に足りない、積極的に摂っていく油としてご紹介しました。EPA、DHAをはじめ、αリノレン酸などですね、しそ油や亜麻仁油なんですけど。働きについて説明します。
オメガ3とオメガ6は大体対の働きをするんですね。オメガ6というのは主に異物反応、異物を排除するために働くんですね。ですので現代オメガ6の油は非常に摂りすぎと言われていますね。ですのでオメガ6が多すぎることは異物排除機能が昂進しているわけですね。ちょっとしたゴミでも非常に敏感に反応してしまう。ちょっとした異物でも身体から出そうとする働きが非常に昂進している。結局それがアレルギーやアトピー性皮膚炎に繋がっているという風に言われています。
オメガ3はその逆に、炎症を抑えるという作用をしていますので、炎症を昂進するオメガ6が非常に多く、なおかつ炎症を抑えるオメガ3の働きが非常に低下している、ということでアレルギーやアトピー性皮膚炎がどんどん多くなっているということが言われています。
ですのでアトピーの方はもちろんのこと、現代人は全てオメガ3を積極的に摂るようこころがけ、なおかつオメガ6の油を出来るだけ摂らないようにしていく必要があるかと思います。

オメガ9・6・3をバランス良く摂る事が大切。油の上手な摂取方法とは?

 

 

(油が)高温というのが一つの問題であるので、料理をするときのポイントというか一つの問題点としては、油で揚げる、炒める、焼くというのは高温になるわけですよね?だから結構高温でしてる間に油が変質してトランス脂肪酸を生み出す危険性はあるんですね。それが揚げたり炒めたりするのがダメということじゃないんですけど、一つそういうのを覚えておいたほうが良いと思います。
そして高温で揚げているときとか炒めているときにアクリルアミドという成分がまた出てくるんですね。このアクリルアミドという成分が発がん性なんですよ。だから特にファストフードのポテトフライとかありますよね?ああいうのはほとんど揚げる過程でアクリルアミドというのが大量に出て、あまり良くない油になってしまっていると。当然トランス脂肪酸も入っている訳ですから、そういう意味ではあまりおすすめはできません。
オメガ9・6・3と分けましたが、これがどういうことかというとオメガ6、リノール酸だけが100%ではないんですよ。このリノール酸が例えば60%でこれが20%、これが10%とか、つまりそれぞれのブレンドなんですけど、リノール酸の割合が一番多いのがオメガ6系に分類されるということです。オメガ9というのはオレイン酸の割合が一番多い、40%、50%、60%のものということですね。αリノレン酸も。
だからオメガ3の中にオメガ6とか9も入っているということです。ただ、その占める割合が多いのがそれぞれ分類されるということなのでオメガ6だけ全部という訳ではないんですね。
そして注目して頂きたいのはオリーブ油です。オメガ9というのも重要なものなのでオリーブ油というのはやはり身体にはいいんですね。ただ、これも選び方があって、市販の油の低温圧搾というのが条件と、それともう一つは必ず3種類ぐらいは、ピュアオリーブオイルとかエクストラバージンオリーブオイルとかを選んでください。これもちゃんと表記があると思うのでそういったものを選んでください。オリーブオイルは実は嘘が多いんですよ。市販のやつでオーガニックと言ってオーガニックじゃないとか。こういう本があるんですけど、「エクストラバージンの嘘と真実」ということで、結構嘘が横行しているところで…特にイタリア産とかあっちのオリーブオイルというのは結構製法で酸化している油が出回っている、オーガニックと言いながら結構酸化しているとか多いです。何故かというと、業者自体が嘘をついてる訳で…だから選ぶときは本当に注意しないとオリーブオイルは嘘を掴まされる可能性が高いものです。酸度、酸化度合いというものがあって、酸度が高いほど酸化が進んでいる、酸度が低いほど新鮮という意味なんですけど、その酸度が0.3%以下っていうのを選ぶとベストですね。新鮮、しかもいい油という一つの証明になります。で、あまり表記しているのはないんですよね。自信をもって表記出来るのが少ないんですけど、これであればここに書いてあると思うんですけど、酸度って書いてますよね。酸度0.2%以下なんですよね。非常に良い油なんです。だからこういうのを選んで欲しいということなんです。オリーブ油って本当色々あって、速水もこみちさんがオリーブ油を紹介してて5,000円ぐらいの油が売れているんですけど、よく選ばないといけないと、だから酸度が0.3%以下、それだと0.2%なので非常によいということが分かると思うんですけど、そういうものを選んで欲しいということですね。オリーブ油はカレースプーンで1、2杯ぐらい摂っていかれると非常に健康にもいいかなと思います。で、オメガ9はこれですね。
次はオメガ6、これが病気の元凶になると言われています。昔はリノール酸はいいと言われていたんですけど、今は逆になってしまって、リノール酸摂りすぎは良くないと、生活習慣病を増やすということが分かってきたので、ちょっと油の摂り方を注意して欲しいということですね。オメガ6系、今の人達というのは非常に多いです。普通の市販の油とか、あるいは加工食品とか、食べているとどうしてもこの油が多くなって、普通だったら大体これが2に対してこっちが1ぐらいのバランスで摂って欲しいんですね。多くてもこっちが4でこっちが1ぐらいの割合で摂って欲しいんですけど。今普通に摂っていると10:1とかバランスが大幅に崩れるんですね。でもっと酷い人だと50:1という風になってしまうわけです。だから出来るだけ理想は1:1ここの間ですよね、1:1から1:4ぐらいの間に収めると。厳密には分からないと思いますけど色んな油が入ってきますので。ただ、それを意識していただくということですね。
で、オメガ3系の油を出来るだけ摂るということです。オメガ3系の代表としてはこの亜麻仁油、しその実油っていうのがあって、こういう亜麻仁油パワーということでガンも心臓病も治す、油で病気を治せるといったようになってくるわけです。頭の良い人は亜麻仁油を飲んでいるということで、油が非常に重要になってきます。亜麻仁油を摂るのがいいんですけど、ただちょっと問題点としては、リノール酸というのがオメガ6系で入ってくるんですね、油を摂ると。そうするとこれがそのまま吸収されるわけではないんですよ。これを身体の中でまた分解して、リノール酸を酵素で分解してアラキドン酸というものにするわけです。これを原料にして細胞に取り込んでいくんですね。このオメガ3系で言うと、αリノレン酸というのがあって、これがそのまま摂られるという訳ではなくて、酵素処理で分解されてDHAとかEPAとかに変わって、そしてこの状態で体内に取り込まれていくことになるわけです。だからそう考えていくとこれを摂ったから即、身になるという訳ではないんですよ。このαリノレン酸とリノール酸というのは全く正反対の働きをしていて、どういう働きをするのかというと、リノール酸は摂りすぎるとアレルギーを促進します。逆にこっち(αリノレン酸)を中心に摂っているとアレルギーを抑制する、全く反対の働きをします。でこちらは血栓を促進するこっちは血栓を抑制するとか、血液を固める・ドロドロにするこちらは血液をさらさらにする、そういった働きをします。ただ、こちらを絶対摂ってはいけないということではないんですよ。必要な油なのです。アラキドン酸にかわってそれが体内に入っていくので、何が大事かというとバランスなんですね。さっき言ったように、こちら1に対して1摂るとか、2に対して1摂るとか。これがダメという訳ではないので勘違いしてほしくないんが、全て身体にとって必要な油ですけれども、現代食にはあまりにもこちらが多いんですね。
だから考え方としては、出来るだけリノール酸を減らすのを少し意識していただいて、αリノレン酸が不足していますのでこれを積極的に摂るというイメージですね。そしてオメガ9は適量摂っていく。そうすると、9と6と3のバランスがとれてくる訳です。そして身体の中で良い作用をしてくれるということなのでそれをちょっと意識していくといいかなと思います。
だからここで言ったように酵素処理で変換するんですね。森山先生が来ていただいた時の話では、フラックスオイルは良いんですが、これを摂ってもここからここに変換する酵素が日本人はちょっと少ないんですね。だから、これをちゃんと摂っていても、ちゃんと変換しない、しにくい人もいると。これを摂ってダメ、ということはないのですが、だからそのあたりの兼ね合いが難しいかなと思うんですけど、実際僕はフレックスオイル、亜麻仁油を摂ってみて、体感的には凄くいいイメージはあるんですよ。だから一概に日本人全部がダメとは思わないんですけど、実際こういう本とかも出ているわけですよ、いろんな方が亜麻仁油はいいと言っているので、亜麻仁油が問題があるという事ではないんですけれど、変換の問題が唯一の欠点かなと思いますね。これをクリア出来ればDHAにかわって良いということになります。
アレルギーとかアトピーの人はとにかく、炎症を抑えるということでこれを摂るといいんですよ。で、もっと直接的なのがこれなんですね。DHA、EPAを摂っちゃうとここで変換する必要がない訳ですからダイレクトに効いてくるんですね。だからこういうサプリメントを併用するという手もあると思います。
このDHA、EPAなのが魚油なんですね。魚は昔から、日本人は摂ってましたよね。だからそういった意味では非常に良かったわけです。これを直接体内に取り込めますので。
ただやっぱり山田先生とかもおっしゃるんですけど、環境の問題ですよね。今の魚が100%安全かというと、放射能とか色んな汚染物質の問題もあるので。しかも魚というのは悪い物が濃縮していきますのでそういう意味では難しいですね、バランスが。特に養殖の魚、鮭を日本では良く食べますよね。これというのは実は日本産と思っていましたが、もうそうじゃなくて、半分近くが外国から輸入しているんですね。特にチリとかノルウェーとかそういうところから輸入していて、どういう鮭かというと、養殖のものです。この養殖の鮭というのも問題があって、ここに農薬とかホルモン剤とかを入れているのが多いんですよね。そういう問題と一つは鮭の赤色は良いといいますよね?アスタキサンチンが良いと良いますが、実は外国の方で着色されているものもあるんですよ。色を良く見せるために、ということで…そんなの意味無いですよね?ですから本当に良いもの、天然のできれば養殖ではなく、食べるのであれば天然の鮭、お魚を摂るというのがベストだと思います。養殖というのは色んな点で問題があると。ただ汚染されている天然魚だと汚染の問題があるということでそこらへんのジレンマがあるんですけど、基本的には亜麻仁油、僕はオススメしています。良いと思います。ただそれでどうしても体感的に出ないという方は直接こちらを摂ったほうが早いかもしれないですね。だから自分の様子を見て、個々の体感・体質というものは違うので、その辺は上手くしていくと良いかと思います。

 

更新履歴